木遊びギャラリー やまなし (6) アリュート・パドル #1

記事詳細

木遊びギャラリー やまなし (6) アリュート・パドル #1

時々木遊びに顔を出す「やまなし」さんのパドル6作目は、今までのグリーンランド・パドルとは異なる「アユート・パドル」。材は米ヒバ、長さ240cm(分割時126cm)、幅9cm、重さは1060g、仕上げはオイル仕上げ(ワインレッド)。

アリューシャン列島の住人アリュート(Aleut)族が使っているパドルで、グリーンランド・パドルが裏表同一形に対して、写真のように裏表で形が異なります。漕ぐ面も決まっていたそうで、また、アリュート・パドルのほうが長く、ゆっくりと回転させてのんびり長い距離を漕いだようです。

「やまなし」さんによれば「ツーリングで何泊かしながらのんびり漕ぐパドルとして、持ち出しやすいパドルが欲しくて作った」とのこと。更にパドルの端に貝殻で雪のモチーフを象嵌したので、これで雪月花が揃ったそうです。

さて、分割したパドルを繋ぐのは「金輪継」と呼ばれる継手ですが、「今までの金輪継では水を吸って柔らかくなった目違いが潰れてだんだんと緩くなってきてしまったので、今回は目違いをなくし、できるだけ大きな面で力を受けるように工夫しました。目違いを無くしたので紐でしばったところに込栓を打ち込んで、しっかりと組みつくようになっています」とのこと。パドルの世界も奥が深い。

やまなしさんの作品