キタさんの新作は玄関のスリッパ置き兼収納。材は吉野杉、幅85cm、奥行き30cm、高さ80cm、仕上げは荏胡麻油と撥水セラミック。タモで作った抽斗が上がり框との高さ調整用となっています。

とここまで書いてきて、作品名最後の「with Holks号」とは何だと思ったら、キタさんからのメールに愛車Holks号が写っていました。下の写真です。なるほど。

キタさん曰く「悪戦苦闘の杉でしたが、できあがって、とってもすがすがしい! 日本人だなぁ~なんて感じます」。いつもながらの丁寧な物作りは恐れ入りますが、大地震の際に自転車が倒れてきて玄関を塞がないような配慮もお願いします。