キタさんから、小箱を追加で5個作ったとのメールが届きました。サイズ、材、仕上げとも前作と同じ120mmx80mmx58mm、サクラ、えごま油と撥水セラミック。キタさんによれば「何かしっくりいかなかったので、組手、デザインを少し変えて追加で5個作った」とのこと。

キタさんによれば「前作が何かしっくりしなかったので、組手、デザインを少し変えて追加で5個作ったものの、作者の苦労・努力に反して、電動工具を多用して作ったものの評判が良かった」とのこと。送っていただいた写真をよく見ると、組手部分と蓋の上板のデザインが微妙に変えてあって、仕上げもきれいだし、いずれも素晴らしい作品だと思いますが、木工とは、作者の苦労がなかなか受け手の評価につながりにくい営為なのです。 皆さんは、どのデザインがお好きですか ?