12月の出前木遊びはミニ・クリスマス・ツリー作り。必要な部品を揃えるところから始めて、サンディング、水性塗料で塗装と進みましたが、案の定、子供にとって刷毛塗りは難しく、ツリーの枝がベタベタになりました。ポスカだと大きな面を塗るのは大変なので、子供向け塗装システムの改善が待たれます。

さて、8名の園児たちが、松ぼっくりに色を付けたり、紙の球に綺麗なテープを巻いたりしてツリーに作る飾りを作っていてくれたので、素晴らしいツリーができあがりました。2018年最後の木遊びの想い出になってくれるでしょう。