最近は鉄道車輛作りが楽しくて仕方がないという「安上がり」な管理人佐平治からの新作は昭和初めから1966年まで市内を走り回ったダブル・ルーフの横浜市電400型。子供の頃に乗りましたが、4輪単車という構造なので良く揺れたことを思い出します。