almamaさんの次なる作品はフランク・ロイド・ライト作の「Taliesin 1」を参考にしたテーブル・スタンド。材は山桜、亜麻仁油仕上げ。

この造形を現代の技術で実現するには金属かプラスチックを使うことになると思いますが、almamaさんは木に拘って作られたようです。いろいろな部分に組手や継手が使われ、木工技術を習得するためには素晴らしい題材だと思います。