5月28日、29日開催のヨコハマ ハンドメイド マルシェに向けて作ったのが江ノ電302+353号車。1929年(昭和4年)製造、1957年(昭和32年)改造、1997年(平成9年)引退し、現在は山梨県のオートキャンプ場ターキーズハウスにてバンガローとして使われています。

屋根の形、窓の上下で微妙に深さを変化させた溝掘り、前照灯作りあたりが苦労した点ですが、歳をとったせいか、そのような細かなことを黙って淡々とこなすことで気持ちが穏やかになるようです。

DSC09195