鉋の最後は「超仕上鉋」。自動鉋と手押鉋が高速回転する複数枚の刃で材を削るのに対して、この鉋は固定された刃の上で材を滑らせることによって、ということは手鉋と同じ方法で材を削ること。削り屑は手鉋と同じように帯状に繋がって出てきます。材の表面には、自動や手押でできるナイフ・マーク(刃の跡)が無いので、そのまま使えるというのがこの工具の特徴です。

fine-finishing planer

fine-finishing planer