植木鉢の形に合わせてカバーを作ることとなって、40年前の三角関数を思いだしながら作りました。材はSPFとWRC。

因みに、Excelで作った計算式は、(1)多角形の種類(6角形、8角形、10角形)、(2)植木鉢の大きさ(底面直径、上面直径、高さ)を入力するとカバーを構成する台形部材の寸法が表示されるという代物で、カバーを作るより計算式を考えている時の方が楽しかったというのは、如何なもんでしょうか。

DSC05317